世界のお金持ちたちが実践する資産運用術を教えます

突然ですが、質問です。

  • お金は普通の人より持っているけど円預金が中心
  • 株とかもやっているが、資産は円や国内に集中している
  • 海外不動産に興味はあるけど何から始めてよいかわからない
  • 仕事を引退したら、安定収入が年金以外なくなる
  • ある程度お金はあるがこのまま老後を迎えるのに一抹の不安がある
  • 運用を人に任せてみたら損をしてしまった

もし、一つでも当てはまるなら…。

この「新・資産設計戦略無料講座」に参加してみてください。

というのは、この無料講座を受講することで、お金・将来・資産運用にまつわる不安、悩みを解消できる、まったく新しい資産設計戦略を学べるからです。

「こつこつ貯金」の時代は終わりました

多くの日本人は、高度経済成長、安定した雇用、年金制度に守られ、これまでこつこつ貯金をしてきただけで資産運用なんて特に考えてきませんでした。

家計の資産

それは、日本人が保有している金融資産の貯金率が50%以上という数字に表れています。日本は類を見ない貯金大国です。

しかし、経済成長は止まり、少子高齢化、人口減少の加速により、停滞した経済成長は縮小に向かっていくことは誰しもが想像できるのではないでしょうか?

バブル

そのような時代の流れの中で、「貯金していけば安心」神話は崩壊始めています。

先行き不透明な時代に求められる資産運用術とは?

世界情勢の変化、日本の変化とともに、円だけで資産を保有することはリスクという時代に突入しました。

バブル

“お金持ちたちは一つの籠に全部の卵を入れませんから、「日本円」に資産を集中させるようなリスクの運用は絶対にしません。

そして、何より彼らはリスクを最小限に抑えながらも、資産が勝手に増えていく仕組みを作っているから、金融危機でも資産を大きく 減りさせることなく、お金持ちで居続けるのです。

内藤忍先生

そう語るのは、

お金に関する著書は30冊以上。
20年以上にわたり国内外の金融機関を渡り歩いたお金の専門家
内藤忍先生です。

内藤忍

1964年生まれ(53歳)

1986年に東京大学経済学部卒業

学卒後は住友信託銀行に入社し、資金為替部にて
為替ディーリング業務、また為替オプション、債券先物、
スワップなど様々な金融商品を使った運用業務に従事。

1991年にMITスローン・スクール・オブ・マネジメントに留学し、MBAを取得する。

1997年にシュローダー投信(現 シュローダー投信投資顧問)に
債券とグローバル・アセット・アロケーションを担当するファンドマネージャーとして入社。

1999年にマネックス証券の設立理念に共感して転職し、商品開発、資産設計などを担当。

2004年、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ代表取締役就任。

2005年、マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長に就任。

2011年、クレディ・スイス証券プライベート・バンキング本部ディレクター

2013年に資産デザイン研究所および一般社団法人海外資産運用教育協会を設立。

著書 累計30冊以上 累計50万部以上
国内外に不動産 8カ国 10以上の物件所有

資産最低10億円以上の富裕層が実践している資産運用を、資産3千万円の人でも実践できるよう体系化に成功。

あまりに円預金にかたよった日本人の資産運用法に危機感を抱き、「新・資産設計戦略」の普及に努めています。

賢い人から始めている!新・資産設計戦略を実践する人が増えています

信頼できるアドバイザーに出会えました

日本だけじゃなくて世界に目を向けて色んな事を考えていかないといけないなとということで、海外不動産を始めるにあたり、信頼できるアドバイザーが必要だと感じて参加を決めました。

海外不動産に投資もしましたしアンティークコインとか太陽光とか色んな所に少しずつ分散させて投資をしています。

貯めてきたお金をどのように運用しようかと考えている人にとっては、新しい投資の考え方や普通じゃ聞けない話もあるので、大きな価値が得られると思います。

3期連続参加してます。

国内不動産は得意だったんでずっとやってたんですけども海外不動産はやったことがありませんでした。
この会に参加したことで、海外不動産をイギリスの物件ですけども2件購入しました。

また、イギリスで言うならばアンティークコインだとか、フランスで言えばワインだとか、遊び心を持ちながら新しい投資を試したり、人との出会いも面白いと思っています。

借り入れで収益をあげられる不動産投資は最強最高の副業だと思っているので、【特に僕のような中小企業の経営者には参加を勧めたい】です。

75歳になり、これを機に投資の勉強をはじめました

去年までは現役で代表取締役会長を最後だったんですけど75歳の後期高齢者になり相談役になったので、これを機に投資の勉強をしようと思い参加しました。

この歳になると真剣に相続税対策とか色んな事やらなきゃいけないでしょ。それに対して指針が明確になってきました。家族にも自信を持って対策を話せています。

内藤先生の知識、人脈を考えたらセミナー代は全然高くありません。本当に来て良かったですよ。

仕事として投資助言をしている私でも、内藤先生の発想には驚かされます

皆さんに投資に対するアドバイスをしてお金をいただく投資助言の仕事をしてるんですけどもこれまでのご提案は債権や株に偏っていたので、「ポートフォリオに不動産とかの実物資産を組み合わせる」という発想にガツンと頭を打たれまして参加を決意しました。

私自身、実物資産もポートフォリオに組み入れることが出来たし、ペーパーアセット以外にも分散投資出来てたのおかげで前の暴落でも傷がほとんどなかったのはとても助かりました。

新・資産設計

新・資産設計戦略の特別無料講座で学べる内容は…

  • お金は普通の人より持っているけど円預金が中心
  • 株とかもやっているが、資産は円や国内に集中している
  • 海外不動産に興味はあるけど何から始めてよいかわからない
  • 仕事を引退したら、安定収入が年金以外なくなる
  • ある程度お金はあるがこのまま老後を迎えるのに一抹の不安がある
  • 運用を人に任せてみたら損をしてしまった

人生100年時代。早めに準備して賢く生きませんか

新・資産設計

主催

株式会社ビッグオー

1000年続く理念をかかげ「教育コンテンツ」を多数プロデュース、ナビゲート。

・7つの習慣アカデミー協会マーケティング統括
・ダライ・ラマ14世、ザッポスCEOトニーシェイなど、「17人の賢者の言葉」プロデュース
・TSUTAYAビジカレ コンテンツプロデュース

など、有料、無料問わず約100万人以上に提供してきている。

株式会社ビッグオー

ビジネスで悩む経営者や起業家に良質なコンテンツをお届けする、メッセンジャー的な役割を担っている。